Just another WordPress site

暑中見舞いの書き方
未分類 | 01月08日更新

暑中見舞いの書き方を覚えてきちんとあいさつを

毎年書く年賀状以外にも、暑中見舞いの書き方も覚えてみませんか。
暑中見舞いは季節のあいさつ以外にも、結婚、出産、引越しの報告に活用することができ、大変便利なものです。
まず、暑中見舞いを出す時期は、梅雨明け後、夏の土用の期間、立秋前の18または19日間の間に届けます。
それを超えてしまうと残暑見舞いになってしまうので、注意してください。
暑中見舞いの書き方は特に決まった形式はありませんが、一般的に"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

失礼のない暑中見舞いの書き方について

暑中見舞いが梅雨明けの7月初旬から立秋の8月7日頃までに出します。これを過ぎるときには8月いっぱいは残暑お見舞いとして出します。年賀状などと比べて自由度が大きいので引っ越しや出産のご報告と兼ねて送ることもできます。暑中見舞いの書き方の基本的な構成は①暑中見舞いの挨拶②時期の挨拶③近況報告と相手の健康や無事を祈る言葉④日付となっています。
暑中見舞いの挨拶とはそのままで暑中お見舞い申し上げますといっ"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

これで安心!「暑中見舞いの書き方」

暑中見舞いは上司やお世話になった方など、目上の方に送るケースも少なくありません。
ですので、正しい暑中見舞いの書き方を知っていれば、安心して送る事ができるでしょう。

まず、冒頭には「暑中お見舞い申し上げます」や「残暑お見舞い申し上げます」といった、冒頭の句を大きめに書きます。
暑中見舞いには「拝啓」といった、頭語は使わない事が通例です。

暑中見舞いは暑い季節に相手の安否を気遣って送る、季節のハ"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

暑中見舞いの書き方について知っておく事

暑中見舞いの書き方は、季節の挨拶、先方の安否や自分の近況を知らせるメインとなる文章、日付の3つから成り立ちます。
手紙を書く際に用いられる「拝啓」、「敬具」などの頭語や結語は不要なので、季節の挨拶から書き始めるようにします。

「暑中見舞いの書き方」はどのように進めたら良いかわからないという場合は、辞書やインターネットに載っている文例集、これまでに頂いた暑中見舞いのはがきを参考にするとスムーズにい"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新

暑中見舞いの書き方のポイントについて

暑中見舞いとは、二十四節気の小暑と大暑の間に送るあいさつ状のことです。
一般的には、梅雨明けから立秋(8月8日ごろ)までに相手方に届くように出すのが良いとされています。
暑中見舞いを出す目的は、厳しい暑さの中、相手の健康をうかがったり、こちらの近況を知らせたりすることにあります。
また、暑中見舞いは比較的親しい間柄の人に対して出すのがふつうなので、「暑中見舞いの書き方」といったようなきっちりとした"

" (さらに…)